【健康】ピルの効用と服用レビュー


先日より、医師の指導でピルの服用をはじめたロジータです。


避妊の薬として知られているピル。
実は、他の目的にもピルは効果的。


この記事では、低用量ピルのこと、服用中のピル・ヤスミンの服用レビューについてお話します。



低用量ピル


一般的にピルとは、低用量ピルを指し、OC(英名oral contraceptive)とも呼ばれる。
経口避妊薬として、避妊に用いられることが多いが、治療薬にもなります。

避妊薬

低用量ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)剤とプロゲステロン(黄体ホルモン)剤という、2種類の女性ホルモンが含まれており、ほぼ100%の避妊が可能です。薬を飲むと排卵が抑えられるので、飲み忘れさえなければ確実に避妊ができます。

子宮内膜症の治療

低用量ピルは、子宮内膜の増殖を抑える作用に優れているため、子宮内膜症の予防や治療をすることができます。


PMSの治療

排卵を抑えてホルモンの状態をコントロールできるので、PMS治療に効果が高い薬です。
 

生理の管理

月経周期を整えて、月経不順の治療ができますし、月経にあたりたくないとき(旅行・スポーツなど)に出血しないよう、確実に月経をコントロールできます。


ニキビ・肌荒れ治療

ホルモンのバランスが整うと、ニキビや肌荒れが改善します。

副作用

内服当初は、少し吐き気や頭痛、不正出血が起こることがあります。
これらはマイナートラブルと呼ばれる症状で、長くても3カ月程度内服を続ければおさまっていくことがほとんどです。

低用量ピルの種類

低用量ピルは、4種類(4世代)にわけられています。

1.      1世代ピル

最初につくられた低用量ピル。ノルエチステロンの作用で生理の経血量が減り、生理痛を和らげる効果に優れています。
「ダイアン」

2.      2世代ピル

   女性ホルモンの生理的な周期変化に対応させるために、1周期服用する間にも、ホルモンの量を3段階に増減しているのが特徴。
トリキュラー」、「ラベルフィーユ」、「ジェミーナ」

3.      3世代ピル

ニキビや肌荒れの治療に推奨されるピル。
マーベロン」、「ファボワール」

4.      4世代ピル

   超低用量ピル。むくみにくい、下腹部痛、頭痛などマイナートラブルが軽減。月経困難症で保険適応されています。
「ヤーズ」「ヤーズフレックス」

 

ロジータのレビュー

服用中低用量ピル : 「ヤスミン (Yasmin)」



日本では未承認。現在、通院しているバンコクの病院で処方されました。
服用しても顔に浮腫みが生じたり体重増加などの副作用が少ない低用量ピル。

服用1日目

婦人科で午後に診察。その日から、服用するように指示があり。定時に飲み忘れがないようにしないといけないので、午後6時に飲むことにする。

 

服用2日目

なんとなくすっきりしない。

服用3日目

あきらかに気持ち悪くなってきて、だるさがある。

服用5日目

悪阻のように辛い。吐き気がひどく、一日中ベッドに伏せるくらい気持ち悪い。ほとんど食事もとれず。

 

服用6日目

昨日同様、つわりみたい。二日酔いで、吐いたのにまだ気持ち悪く吐くものがないかんじ。

服用7日目

吐き気が少し落ち着いて、少し食べれるようになる。

服用8日目

完全にすっきりしたわけではないが、ピル服用後寝るまでの時間が少し気持ち悪いだけに。

服用10日目

まったく吐き気は感じなくなった。




最後に


低用量ピルの副作用は、個人差があるらしいです。

私は、1週間ほど副作用を感じました。頭痛はありませんでしたが、倦怠感と吐き気。
妊娠時、かなり悪阻がひどかったほうなのですが、そのときの感覚に近かく、これが続くならピルは継続できないと思いました。

ピークは2日でおわり、今では全然不調は感じません。

調べてみると、気持ち悪さや吐き気は、食後すぐに飲むと改善することがあるそうです。
私には、あまり効果はありませんでしたが…。



これから低用量ピルの服用を考えている方の参考になれば嬉しいです。

またピルのレビューをしていきたいます。







0 件のコメント :

コメントを投稿